神田で3軒の酒亭、3児の父、趣味はジム通い&酒&食!


by japan-sake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

和食とお酒の相性


タイトルの

『和食とお酒の相性』

深いです。

楽しいです。



本日の○ばんでの貸切営業は非常に勉強になりました。

日本酒を愛する店としては、内容的に書きにくい事なので詳細は避けます。

ですが、国産ワインを勉強して、いろいろな方々にお世話になり、

それらを生かした形の一つをご提案できた気がします。

試作時には別の2コースを用意してもらい、それぞれの食事をそれぞれのお酒との

相性をみながらし試食したのは、非常に良い勉強になりました。

試作の中の数点の良かった料理は、すぐにコースメニューへアレンジしましょう。

カニミソの料理は酒との相性が非常に良かったですね。

比較的、個性の強くない辛口の甲州の白であれば何にでも良いと思います。

 良い経験を与えて頂いた事に感謝致します。

ワインは一回これで終了です。
[PR]
by japan-sake | 2006-02-26 00:37

新酒の御案内

f0084695_21313680.jpg

 小川町店の新酒です。
この時期は日本酒美味しいですよねー。
お目当てがありましたら是非!
[PR]
by japan-sake | 2006-02-20 21:31 | 鷹ばん小川町店

ワイナリー見学 おまけ


ワイナリー見学当日の夜。

夕方の特急を一つ見送って、赤ワインをいろいろと飲ませて頂く。
こちらは主題とちがうので割愛しますが、本当に勉強熱心な蔵元さんです。

最寄の駅までお送り頂き、さて帰ろう!と思ったら、
オーナーさんに近くに勝沼とは思えない位に鮮度の良い魚と
磯自慢や飛露喜が置いてある飲み屋があるけど行かない?
と、魅力的なオファー。(笑)

H酒店のご担当者は目が輝いている!さすが。(笑)
行きましょうとも。

で、三人で飲みに行きました。
そこで甲州の地鶏や静岡の海産物、等々のお薦めを頂く。
あらー、美味しい!安い!家の近くに欲しい!
旦那さんはお若くて頑張りやさん、奥様の背中には乳飲み子が。
そして漁師さんが集いそうな店内の雰囲気。良い店ですね。
  味がある!!

酒はお薦めの飛露喜、磯自慢、後なんだっけな。
飲む気は満々なのですが、なにせ朝から飲んでたので、
体にあまり入りません。それにビールのチェイサー無いとね。

最後の特急までの時間を堪能させて頂きました。
日本酒談義的になってしまったところが面白かったですね。

勝沼さんの昨年の社員旅行は磯自慢さんですって。
日本酒蔵元からも学ぼうと言う姿勢もまた凄いです!

あれやこれやと日本酒で飲んだ方が良いお酒をお薦めしちゃいました。

本当に素晴らしい一日をありがとうございました。
[PR]
by japan-sake | 2006-02-19 21:36 | ブログ

季節特別限定酒【仕込 117號】入荷しました!

久保田を醸す新潟の朝日酒造から特別なお酒が入荷しました。

【仕込117號】と言うのは、 久保田 萬寿 純米大吟醸の出来立ての
甕口 (かめくち) 酒で無濾過生の原酒です。

本来、 年中酒の萬寿は火入れ酒で6~8ヶ月熟成します。
味わいは淡麗辛口で喉越しが抜群に良いお酒です。

f0084695_21173352.jpg


しかし、 この【仕込117号】はその対極にある味わい深く濃醇なお酒です。
しかも萬寿とは違い搾り立ての無濾過、生、原酒です。
久保田の持つブランドイメージとは大きく異なる事からお酒の
ラベル、 栓にも久保田の文字はありません。
 
久保田取扱い酒販店と蔵元で特別に都内でも数店に
限定して提供頂きました。  

一昨年は255號 (タンク番号255) 、 昨年は218號 (タンク番号218)が
同様の仕様で発売されました。

今年 (本酒造年度) は9月16日に仕込み1号から仕込みを開始して以来、
順調に仕込みが進み、 117番目に仕込まれた原酒が今回のお酒です。

 【仕込117號】タンクの萬寿の原酒の内で約600本が瓶詰めされ、
今回出荷されました。

 【仕込117號】の残りのお酒は約8ヶ月の熟成を経た後に久保田萬寿
として出荷される予定です。


仕様 : 原料米:五百万石/雪の精 精米歩合:50/33% ALC:17.5度 
日本酒度:+1.0 酸度:1.4 アミノ酸度:1.1


 この時期のお薦めは【仕込117號】と【久保田 萬寿】の飲み比べです。
この季節ならではの贅沢をご満喫下さい。  時を忘れてごゆるりと・・・。
[PR]
by japan-sake | 2006-02-18 20:56 | 鷹ばん小川町店

ワイナリー見学当日の事。

美味しいワインばかりで忘れそうになりますが、何より今日の目的はワインと和食の事。
蔵元さんが何を召し上がるのか、地元の名産品、特産物は何か無いか。
 生産者農家さんは何を食べながらワインを召し上がるのか?
そのヒントは無いか、と言うのが目的の1番。

有賀さんに自社で経営されているレストランに御案内を頂きました。
『風』です。店内は長崎の大浦天主堂をイメージされているそうです。
(すいませんモデルを知りませんとは言えませんでした)
高台にあり景色も素晴らしいレストランです。
 勝沼町内の全てのワイナリーのワインを常備されているとの事。
志が本当に高い!やりますよねー、有賀さんは。

そこで、乾杯用にあけて頂いたのは何と、
国産のシャンパン!

 アルガブランカ ブリリャンテ!

蔵元さんにも3本しか残っていない、国内でもほぼ同じ量しな在庫ないんじゃない?
アルガの甲州のシャンパン(スパークリングワイン?)です。
本当に良いのですか?嬉しいですーーーー。

 いやー美味しい、美味しい、美味しい、能書き無し。
またしてもトスカーナの方から良くないお言葉が出ました。(笑)
 今年は昨年より生産量が多いそうです。
もしかしたらどこかで飲めるチャンスがあるかも。
その時は迷わす飲んだ方が良いですよ。メモってください。(笑)

甲州樽発酵やイセハラを飲みながら『風』さんの食事開始です。
オーナーさんは私の向かいのお席。
料理の食べ方などを熱くプレゼン。

メインの『特選和牛ローストビーフ』
これを甲州と合わせるのがお薦め。
たっぷりの本山葵。 たまり醤油。
ローストビーフに山葵をたっぷりとのせて醤油にザブン。
大きな口で全てを口に放り込む。
後口はワイン!
 いやー美味しい、美味しい!(笑)

食事は楽しい!が基本ですね。有賀さんの楽しむ姿勢は素晴らしい。
 こんなにコッテリを白ワインと?思いましたが、
本わさび、たまり醤油と工夫もありあり。
 肉とアルガは相性良さそう!

帰ったら、○ばんの特製風味黒豚の角煮とあわせてみよう。
[PR]
by japan-sake | 2006-02-17 20:08 | ブログ
先日の勝沼醸造さんでの事です。

有賀さんの販売されているワイン今のところ唯一畑名が明示されている白ワインです。

 アルガブランカ ヴィニャル イセハラ 
  (伊勢原圃場のアルガの白)
有賀さんのところで今のところ唯一畑名が明示された白ワインです。
これとピッパが私は大好きなのです。

兎に角、ワインは葡萄が第一ですね。強く印象を持ちました。

 この伊勢原の葡萄畑に連れて行って頂きました。
字名が伊勢原と言うらしいです。

生産者は風間さんと言う60代の男性の方です。
  『葡萄を甘やかさない』 で育てています、との事。
f0084695_946913.jpg

剪定、間引きを木々一本一本の状態を見てします。
不必要に手を加え過ぎない。葡萄の生命力を引き出す。
甘やかす事で大きくするのでは無く、時には過酷な環境にする事で育てる。

 環境を整える事ができるのは日々の弛まぬ努力ですね。
 うーん我が子の教育にも言えますね。育てるとは安易では無いですね。

さて、私にとって難易度の高いティスティングです。

ご承知の通り、酒は大好きです。
もちろんワイン、シャンパン、カバ!
ワイン歴はそこそこ長いんです。
国産はもちろん本場のペトリュス、ディケム、コルトン・シャルマーニュ、ムートン 等々
バブルを20代前半でも経験しているので(笑)
でもただ、飲んだ事あるだけなんです。
ティスティングとかワインでは毛嫌いしていました。
クルクル回すのをやりながら飲むの楽しくないですし。
日本酒では絶対にやらないですもの。くるくる嫌いなので。



でも今回は知恵熱出そうな位に真面目なティスティング
収穫年度は同じ、葡萄は全て甲州、ラインナップは下記の通りです。
お教え頂いた通りにかなりザブザブとクルクルします。
f0084695_9463911.jpg

① 字名:金山  生産者名:武藤
② 字名:大坂  生産者名:上野
③ 字名:中牛伏 生産者名:三森
④ 字名:一宮  生産者名:飯島
⑤ 字名:伊勢原 生産者名:風間 (伊勢原の風間さんです)
⑥ 字名:七沢  生産者名:荻原
⑦ 字名:牛池  生産者名:三森
⑧ 字名:鳥平  生産者名:三森
⑨ 字名:羊新田 生産者名:渡辺 (有賀さんの自社所有)
   (通称はムートンだそうです)

列席者は私が先に購入したワイン雑誌の編集長、ワイン輸入元の社長、
トスカーナ(イタリアです)からイルブルーの醸造元、H酒店のワイン担当様 等々
そして鷹ばんの店長と私です。

 酸味、香味、バランスはどれも良いのはもちろんですが、
その中にもはっきりと酸の違いがあり、バランスと言うか日本酒で言う所の
キレにも差が感じられました。芳ばしいような香りも僅かに差が。

私は⑨が特に良いように思いました。単なる好みだと思いますが。
 ですが、ワイナリーがワインを美味しくする為に本気で葡萄を育てる。
その差を強く感じました。葡萄を育てるところから自社でやる楽しさ。
いつ発売になるかなーアルガのムートン、楽しみだなー。
その時にもイセハラと飲み比べしたいなー。

 高難易度のティスティング中に面白かったのはトスカーナのオーナーさん、
美味しくて悔しいらしく、あまり良くない言葉を発せられていました。

『ちくしょう!』みたいな。(笑)
それが何だか誇らしく嬉しくて・・・。楽しい時間でした。

利き酒はまだまだ続きます。
[PR]
by japan-sake | 2006-02-15 19:58 | ブログ
山梨県勝沼の醸造所に見学に行って来ました。

非常に楽しい、興味深い、知識吸収欲全開の一日でした。
あまりに楽しくて目の前の事に集中して考え続けていたせいか、無口になってしまいました。

 勝沼醸造のオーナー様、H酒店のご担当者様、

本当に素晴らしい機会をありがとうございました。

この見学会の話を書いて良いのか判断がつきません。
あまりにもいろいろ事細かに教えていただいたので。
ワイン知識も常識も備えていないので一般的にはここまでなら大丈夫!
と言うラインが見えていません。

もう少し時間をください。ブログ初心者なのでブログを書く上での常識も知りません。


ワインをまとめて何十種類も飲んだのは生まれて初めてです。
その半分以上は『勝沼産の甲州』の白ワインです。
 リーデルのグラスを一日中くるくる、クルクル、くるくると何千回も回して
香りを色を味わいを一生懸命判別する努力をしました。
 吐き出す事を余りせずに、持ち歩いているペットに入れた家の浄水機の水で
口をゆすぎながらほぼ全てを飲んでしまいました。
 だって、それぞれのワインの話を聞いてはもったいなくて吐き出せません。(笑)

 汚くて申し訳ないですが、帰りのトイレでもその匂いが。
ちょっとビックリする位に体内にワインが入っていたみたいです。(笑)

 では、乞うご期待!
[PR]
by japan-sake | 2006-02-13 21:36

ワイナートとワイン王国


今日は神保町に散歩です。

山本博さんのワイン本をいろいろ立ち読みしました。
少し蓄積していた疑問がクリアになったかも。

でも折角なので買って来ました。
f0084695_926463.jpg


Winartは特集ワインの基礎の大きな文字に見事に釣られました。
ワイン王国は以前から雑誌名を活字で見る事が何度かあったので
そのネームバリューに惹かれました。

さてちょっと早いけど獺祭ですね。頑張ります。

それから先日オモヒル(アルバイトさんによると表参道ヒルズをこう呼ぶらしい)のプレで
お会いした勝沼のワイナリーオーナーさんのところへ日曜日に見学に行く事になりました。

このオーナーさんは非常に話題展開が面白く、体温の高い、非常に不思議な距離感を
お持ちの方でした。

私と近い体温だと思います。

 オモヒルのH酒店さんの前で恐らく20~30分立ち話をしたのですが、
二人で熱めに話しているうちに靴があたるんです。

 話に夢中で本当にジッと見つめ合って、お互いの意見交換をしているうちに
オーナーさんがどんどん私に近付いてらっしゃるのでお互いの革靴のつま先が
両足共に当たるんです。その距離はまるで満員電車のそれです。(笑)

 話の途中にその恐らく異様であろう私達の雰囲気に私自身 気が付きました。

オーナーさんのお顔との距離が20cmを切ったかも。(笑)

 勝沼に行くのが楽しみです。
[PR]
by japan-sake | 2006-02-11 02:20 | ブログ

お取引先のH酒店さんが表参道ヒルズに日本酒ブティック?をオープンされました。

お祝いがてらプレオープンにご招待頂き、半分観光の見学です。

お酒は720ml以下の商品だけのお取り扱いです。180mlの新製品『レトロラベル』も
ラインナップし終えたご様子で、ディスプレイも美しい感じですね。

 飛露喜のシャンパンボトルタイプ等の限定酒も取り扱いがあります。

いつもながら 日本酒を愛する気持ちと志の高さ には感心致します。

私共のお店の○ばんと共通するものを感じてしまいます。

蔵元さんのお顔も多数見えました。
心なしかH酒店さんのまわりだけガラが悪いような・・・。(笑)
茶髪系も多いし、私も評判を落とさないように長居しないようにしないと・・・。(笑)

帰りにH酒店さんの3つ位斜め上のお店でアイスを食べました。

何故かと言うと、他は混んでてとても入れない。

しかし、その店のみ誰も並んでいない。 店構えからすると美味しそうだし。

 空いてる理由は会計の時にすぐに判明!

f0084695_21505824.jpg

日本一高いアイスクリームだったのです。

世界最高峰のカカオを使用したアイスクリーム。
サイズは○ばんの酒グラスより少し小さい位です。

2300円のチョコレートアイス!

本日一番の驚きでした。
DEL REY
一度は食べて見るべきでしょう!(笑)
[PR]
by japan-sake | 2006-02-09 21:01 | ブログ